まんげんほうご
深く考えず、思いついたまま口まかせに言い散らすこと。また、その言葉や話。

スポンサーサイト
--/-----:---スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産したのでの続きの続き
07/31-13:28-COM(0)-TB(0)-Diary
病院に着いてまず内診。
陣痛の間隔は狭かったけど、噂に聞くほどの痛みでもなかったので、どうせあんまり子宮口は開いてないだろうと思っていたら、3.5㎝しか開いていない。。。
思っていた以上に開いていない。
もう少し開いてるだろうってちょっと期待してたんだけど!!
思った以上に出産までの道のりは長いなーとか思ったり。

あげく先生には「このままおうちに帰って様子を見るか、入院して陣痛が乗ってくるのを待つか、どっちにしますか?」と聞かれて。
せっかく病院まで来て帰ることになるのがイヤだったから、ギリギリまで病院に連絡するのを躊躇ってたのに、帰ることになったら結局意味ないじゃん!
このまま病院にいてもヒマだけど、この後家に帰ってから痛くなってきて、それでまた病院に来たら帰れとか言われたらヤダしと思ってガマンしすぎて、一人で病院に来る時にはギリギリ!!ってのもなぁとグルグル考え。。。
旦那さんと相談して結局は入院することに。

旦那さんはお仕事を休むつもりでいたけど、先生は「夕方から夜くらいまでは産まれないでしょう。」とか言うから、「夕方には戻ってくるから」と結局仕事に行ってしまい。。。
一人残された私は陣痛室で入院の説明を受けたり、病室でぼんやりしてみたり。

先生には「とにかく歩いたり、階段の上り下りをすると子宮口が早く開くからがんばってください!」とか言われたけど、陣痛きてて痛みもガマンできないほどではないとは言え地味に痛いし、おなかも大きくて歩くのも大変だし、むくみもひどくて足に来るしで、あんまり動きたくない。。。
動け動けとか簡単に言ってくれるよ!!とか思ったり。
でもここまできたら早くわが子に会いたいじゃない!!と思い、午前中はただひたすらに階段の上り下りをすることに。

妊娠してから今までで一番動いたよ!ってくらいの運動をしたんじゃないのかな。
1階から4階までひたすら上り下りを繰り返して、途中踊り場では屈伸運動したり、スクワットしたり。
ときどき助産師さんが様子を見に来てくれたり、先生とすれ違ったり。
最初は、なるべく人目につかないで運動できる場所をパジャマ姿でウロウロ徘徊しながら探していたけど、だんだん恥も外聞もなくなってきて、とにかく子宮口を開くことにだけ集中。。。
「12時になったらお昼ご飯が運ばれてくるから、それまではがんばろう!ご飯を食べると子宮口が開くって言われたし。
そう思ってまるで筋トレのごとく無心で階段を上ったり下りたりしながら陣痛の間隔を計って午前中を過ごしたのでした。。。

続く。。。
スポンサーサイト

comment

comment post


track back

http://maimaima.blog34.fc2.com/tb.php/1563-0ecc29a8

  top  


skin:8775 item:candied

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。